スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * top↑ * [Edit]


華麗なる一族 第5話 運命を分けた死 
2007 / 02 / 13 ( Tue )  08:47
2007年2月11日放送
視聴率 %
(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)


『大川一郎(西田敏行)のヤミ献金記事への不安は、阪神特殊製鋼内だけでなく、融資銀行へも広がり、事態を心配した三雲頭取(柳葉敏郎)が鉄平(木村拓哉)の元を訪れていた。』

FC2 Management

* テーマ:華麗なる一族 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
華麗なる一族 * Com(7) * Tb(4) * top↑ * [Edit]


華麗なる一族 第4話 悲しき裏切り 
2007 / 02 / 08 ( Thu )  06:59
2007年2月04日放送
視聴率 23.0%
(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)


『昭和42年 秋。半年が過ぎ、季節は秋を迎えた。阪神特殊製鋼では、念願の高炉建設が順調に進んでいた。鉄平(木村拓哉)は、シカゴのアメリカンベアリング社を訪れていた。先方の購買部長は、鉄平がサンプルで渡していた新素材の耐久性を絶賛し、全米自動車業界へ大々的に展開したいと申し出てきたのだ。それは、世界最大の鉄鋼国・アメリカへ進出するという日本鉄鋼業界の悲願を阪神特殊製鋼が実現する大きなチャンスであった。同じ頃、金融再編を急ぐ大蔵省では、連日のように都市銀行同士の合併案が討議されていた。それは、合併で大きな銀行を作る高度成長期を迎えた日本への進出をもくろむ海外巨大資本に対抗する為であった。その生き残りをかけて、小が大を食う合併をもくろんでいた父・大介(北大路欣也)は、三栄銀行の吸収合併を画策していたが、今だ、その決定的な糸口が掴めずにいた。』

* テーマ:華麗なる一族 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
華麗なる一族 * Com(0) * Tb(0) * top↑ * [Edit]


華麗なる一族 第3話 引き裂く運命 
2007 / 02 / 06 ( Tue )  19:44
2007年1月28日放送
視聴率 23.5%
(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)


万表鉄平(木村拓哉)は、阪神銀行本店の大亀専務(武田鉄矢)の元を訪れていた。
鉄平「話が違うじゃないですか?大亀専務。役員への説明に伺った際にも、50%の融資は約束してくれたじゃないですか?」
と、鉄平は凄い剣幕で話していた。
大亀「まぁ、当行としましても、金融再編な時期でございまして・・。」
鉄平「父は今朝の僕との言い争いで一時的に感情的になっているだけですから。」
大亀「お引取りください。万俵頭取も、外出中です。鉄平様。」
鉄平は、大亀の制止を振り切り、頭取室に入った。そこには、大介(北大路欣也)の姿は無かった。

* テーマ:華麗なる一族 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
華麗なる一族 * Com(0) * Tb(1) * top↑ * [Edit]

見たい映像がいつでも見れる。次世代映像配信サイト【ミランカ】

音楽ダウンロード 1曲99円から

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。